掃除

たくさんのゴミを効率処分

粗大ゴミ

ゴミ屋敷の片付けを行う際にはとても多くの問題がありますが、周囲と協力をしながら少しずつ作業を進めていく事でスムーズに問題解決をする事ができる可能性があります。専門業者などと作業を進めていく上で、大切な事をまとめています。

詳細を確認する...

老前整理を考える

独居老人が増えていく

女性

現在、一人で生活している独居老人は、約600万人いると言われています。家族と同居しない場合、病気などで身体が不自由になると片付けやゴミ出しが困難になります。すると、あっという間に家中がゴミで埋め尽くされ、最悪ゴミ屋敷になってしまう恐れがあります。近年、未婚率の高まりと子どもを持たない世帯が増えたことにより、今後独居老人の数は急激に増加することが見込まれています。そのため、片付けが必要なゴミ屋敷の数も増えていくことが予測されます。このような事態に備え、行政側でゴミ屋敷の片付けや掃除のサポートをする仕組みを整えていくことが必要になります。しかし、誰もが陥る可能性があることですので、自分は関係ないと思わず日頃から老前整理を意識しておくことが大事です。

老前整理をしよう

年を取ると気力と体力が衰えてくるので、すぐにやらなくても困らない片付けは後回しにしがちです。そんな中で身体の自由が利かなくなると、一気にゴミ屋敷化は身近な問題になってきます。そのため、老前整理はなるべく早い時期から始めましょう。老前整理の基本は、不用品を捨て出来るだけ物を減らすことです。ここで重要なのは勿体ないと思わないことです。処分に迷う物であっても一年間使用していなければ捨てましょう。生活に必要なものは利用しやすい場所に置くようにして、片手で簡単に取り出せるように配置します。直ぐに捨てられない不用品は、空き部屋などにまとめておくと良いです。老前整理を行う時のポイントは、欲張って一度に片付けようとしないことです。無理せず空き時間を利用して少しずつ行いましょう。またこういった形で自分で意識して行う人もいますが、中には家族の家がゴミ屋敷化している、またゴミが多く個人では片付けられないというケースも少なくありません。そういったときには専門の清掃業者に依頼してきれいにしてもらいましょう。料金に関しては、ゴミの量などによって決まるので、まずは実際の現場に来てもらい確認してもらうことから始めましょう。それから見積もりを取り、作業に入っていく形になります。この清掃業者は多数いるので、見積もりもいくつかの業者から取るようにすべきです。

掃除における注意点と工夫

粗大ゴミ

自分でハウスクリーニングを行う際には、プロ用の洗剤を使うことがあります。汚れ落ちがいいものは中身が強力なので、使用上の注意に良く従うべきです。また日頃から簡単なお掃除を行うことで、大掃除を楽に行えます。

詳細を確認する...

どの業者にするか迷ったら

掃除

ハウスクリーニングを利用する人が増えてきているのですが、どの業者を利用するか困ったときはネットが便利です。ネットにはハウスクリーニングの比較サイトが有り、選び方のポイントや口コミ情報が掲載されていてとても参考になります。

詳細を確認する...